自己破産の費用や手続き

数ある債務整理の中でも、最終手段が「自己破産」です。自己破産をすれば、税金などを除いて原則としてすべての借金が帳消しとなります。

 

ところで、自己破産をする際の弁護士費用はいくらくらいなのでしょうか。

 

まず相談料ですが、最近では債務整理の種類にかかわらず相談料を無料としているところが多いです。また、他の債務整理では支払うことの多い基本報酬と減額報酬ですが、これを自己破産に適用してしまうと大変な費用負担になってしまうことから、債務者のことを考えてこの2つは取らないところが多いです。

 

自己破産における費用負担は、着手金と実費です。着手金は状況に応じて金額の幅があります。財産がほとんどない場合や自己破産に積極的な事務所は、着手金が20万円程度になります。

 

一方、財産が一定以上ある場合や破産管財人による調査が入る場合、そして自己破産に積極的でない事務所の場合には、着手金は30~50万円程度になります。

 

ちなみに一定以上の財産とは、預貯金20万円以上、所有している自動車の評価額が20万円以上の場合です。

 

実費も、自己破産となるとかなりの書類が必要ですので、他の債務整理よりはかなり高くなり、最低でも2万円くらいはするでしょう。破産管財人が入れば、実費は20万円はくだらないです。

 

他の手続きと比べて多くの費用や手続きが必要となるのが自己破産ですが、どうにもならない払えないローンの解決もできるため、しっかりと考えて進めるのであれば検討をするだけの価値があります。