任意整理でかかる費用の相場

債務整理には様々なものがありますが、中でも最も件数が多いのが「任意整理」です。

 

文字通り任意であり、裁判所を介せずに、債務者と債権者が話し合いによって借金減額交渉を行います。

 

任意整理を自分で行う場合には、切手代などの実費しかかかりませんが、任意整理を弁護士に依頼するとどれくらいの費用が掛かるのでしょうか。

 

まず相談料ですが、最近では初回相談無料というところが多くなってきています。中には、何回でも相談は無料というところまであるのです。それ以外には実費は確実に請求されるでしょうが、内容証明郵便や引き直し計算の書類郵送などで、数千円程度といったところでしょう。

 

それ以外には、着手金と基本報酬、そして減額報酬があるのですが、大きく分けて2つのパターンがあります。

 

まずは基本報酬と減額報酬を一切無料にする代わりに、着手金を4万円程度に設定するパターン。もう一つは着手金を無料にする代わりに、基本報酬を2万円程度、減額報酬を減額できた金額の1割ほどに設定するパターンです。

 

どちらにするかは、相談者の借金の具合によるでしょう。

 

任意整理で大きな借金減額効果が期待できる場合には、着手金のみの事務所がいいでしょうし、あまり減額が期待できなさそうであれば基本報酬と減額報酬が無料の弁護士がいいでしょう。

 

任意整理はプロミスに返せないといった消費者金融からの借金の解決に用いられることが多い債務整理となるため、借金の性質によっては適さない場合もあります。