弁護士費用の内訳

債務整理で弁護士に依頼をする場合、無料でやってくれるわけがありません。お金を支払う必要があるのですが、債務整理で弁護士に支払うお金にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

まずは相談料です。正式な依頼をする前には弁護士と何度も打ち合わせをしなければなりませんが、相談をする際にはお金が発生する可能性があります。無料のところも最近は増えてきていますね。

 

次に着手金です。手付金といった方が分かりやすいかもしれませんが、これは依頼の成否にかかわらず支払います。着手金を支払わないと原則として仕事をしてくれませんが、最近ではこれも無料のところがあります。

 

また、報酬金もあります。成功した場合のみ一定の金額を報酬として支払う場合と、成功の度合いに応じて報酬金額が変動する場合があります。過払い金の場合には後者が多いですが、自己破産などは報酬金が発生しないケースが多いです。

 

そして、実費を請求するとこともあります。実費とは、手続きをする上で必要となった切手代や印紙代などの諸費用です。

 

手数料もここに含まれることが多いのですが、実費の内訳があまりにもざっくりしていると信頼があまり高くはありません。

 

実費の内訳を細かく明示している事務所を選びましょう。

 

費用がかかるのが嫌だからとそのままにしておくと、さらに問題が大きくなる可能性があります。払えないのであれば債務整理を考えることが第一の解決法となるのです。